婚約指輪と結婚指輪は全くの別物だった!2つの違いを知ってプロポーズを成功させよう!

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪というのは、結婚の約束をした時、主に男性から女性に贈られる指輪で、結婚するまでの間、身につける事になります。
結婚指輪というのは、結婚をした後に身につける指輪で、婚約指輪とは違いペアで購入します。
ですから、婚約指輪と結婚指輪は全くの別物で、プロポーズの時に婚約指輪を贈った場合であっても、結婚をする時には結婚指輪を別に購入する事になります。婚約指輪と結婚指輪は、意味合いが異なるだけでなく、値段も変わってきます。婚約指輪の相場は30万円程度となるのに対し、結婚指輪は1つ10万円程度、ペアで20万円程度が相場となります。
婚約指輪や結婚指輪を購入する時には、相場を意識して最適な指輪を選ぶ事がおすすめです。

プロポーズを成功させるには

プロポーズをする時に渡す指輪が婚約指輪です。この指輪の選び方で、プロポーズが成功するかどうか決まる事もあります。
極端に安い指輪や、相手の好みを全く考えていない指輪を選んだ場合、指輪を見た瞬間に相手の気持ちが冷めてしまう可能性があります。ですから、プロポーズをする時には、指輪の選び方にもこだわっておく事が大切です。
立て爪のダイヤモンドのリングであれば間違いないと考える人もいますが、立て爪は邪魔になるから身につけにくいと考える人もいます。その為、婚約指輪の選び方は簡単ではありません。
プロポーズの時に渡す指輪選びで迷ったら、ジュエリーショップでアドバイスを貰う事が有効です。プロのアドバイスを受ける事で、より良い婚約指輪を選べるようになります。

結婚指輪は毎日身につけるものなので、デザインがシンプルで、どんな場面にも合うような指輪を選ぶことがおすすめです。